無線ネットワークの基礎


WLAN ネットワークは、ワイヤレス信号 (高周波電磁波) を介してデータを送信します. 伝送距離が長くなるにつれて、ワイヤレス信号の強度はますます弱くなり、隣接するワイヤレス信号間の干渉の問題が重なり合い、

.

ネットワーク エンジニアのための無線ネットワーク (WiFi) の基礎

序文

 

WLAN ネットワークは、ワイヤレス信号 (高周波電磁波) を介してデータを送信します. 伝送距離が長くなるにつれて、ワイヤレス信号の強度はますます弱くなり、隣接するワイヤレス信号間の干渉の問題が重なり合い、品質が低下します.無線ネットワーク信号が発生し、無線ネットワークが利用できない原因にもなります。無線ネットワークの品質を向上させ、お客様のネットワーク構築基準の要求を満たすためには、無線LANネットワークを計画・設計する必要があります。使用する AP の種類と数、設置場所と方法、およびケーブルの配置方法を設計および計画し、ネットワーク カバレッジに盲点がなく、良好なカバレッジ、高速インターネット アクセス、およびネットワーク エクスペリエンスの向上を保証します。初期段階でネットワークの計画と設計を行わないと、後の段階で AP を設置した後、ネットワークの最適化と修正のために AP の再設置とケーブルの敷設が必要になる場合があり、これは作業のやり直しに非常に不便です。

無線ネットワークのカバレッジ

ネットワーク カバレッジの設計には、範囲内のネットワーク カバレッジと信号強度の計画が含まれるため、無線ネットワーク カバレッジの概念が最初に導入され、カバレッジを測定するための指標 (カバレッジ半径とカバレッジ距離) が導き出されます。

 

1.1 カバレッジ

AP はアンテナを介してワイヤレス信号を送信し、アンテナの周囲に無線ネットワーク カバレッジを生成します. 信号が遠くに移動するほど、信号強度は弱くなります.一般に、図 1 に示すように、アンテナ周辺の信号強度がネットワーク計画指標値よりも大きいエリアは、無線ネットワークのカバレッジ エリアと呼ばれます。ネットワークカバレッジの端での電界強度は、フリンジ電界強度と呼ばれます。たとえば、共通カバレッジ エリアの信号強度指標値は -65dBm であり、ネットワークの計画および設計中のフリンジ フィールド強度は -65dBm 以上である必要があります。

 

1.2 カバレッジ半径

無指向性アンテナは、カバレッジ半径を使用してカバレッジを測定します。図 2 に示すように、天井に設置された無指向性アンテナ AP を例にとると、AP の設置高さはサイト調査測定によって得られ、信号の実効伝送距離はフリンジ電界強度に基づいて計算できます。 . 計算方法については、カバレッジ計算を参照してください。高さと実効伝送距離が決定されると、カバレッジ半径が計算され、ネットワーク信号の実効カバレッジを知ることができます。

 

1.3 カバレッジ距離

指向性アンテナは、カバレッジ距離を使用してカバレッジを測定します. 図 3 に示すように、屋外の柱に取り付けられた指向性アンテナ AP を例にとると、アンテナからカバレッジ エリアの端までの実効伝送距離は、次の式で計算できます。式、およびアンテナの高さは、学習したサイト調査によって測定されます。

上記からわかるように、カバレッジ半径であろうとカバレッジ距離であろうと、それを取得する前に実効伝送距離を計算する必要があり、RF 送信電力と信号強度は実効伝送距離を計算するための入力条件です。伝送距離。電力と信号強度の概念は、引き続き以下で紹介されます。

50 Views

Comments